新薬開発に力を入れるノバルティス

我々の身近にある医薬品は時代と共に進化し続けてきました。医療が進歩するのと同時に医薬品も進化を重ねてきましたし、それは今の時代でも同様です。時代の移り変わりに合わせて医療と医薬品は進化してきましたし、その時代に生きる人々のニーズに合わせる形で進化してきました。世界的なヘルスケアカンパニーとして有名なノバルティスでも常に新薬の開発を行っていますし、ヘルスケアの分野においては世界的なリーディングカンパニーと言われています。スイスのバーゼルを本拠地とし、イノベーションを推進しながら新薬の開発に取り組んでいることが大きな特徴と言えるでしょう。米国やシンガポールなどにも研究拠点がありますし、日本にもノバルティスの日本法人が事業を行っています。

ノバルティスを最近の企業だと思っている方もおられるようですが、ノバルティスは非常に長い歴史を持つ企業です。誕生したのは1996年のことですし、チバガイギーとサンドが合併することによって誕生しました。ルーツを遡ると実に250年以上の歴史を持つことになりますから、そのノウハウは有り余るほどあります。革新的な製品開発を続けてきた実績もありますし、それがノバルティスのベースとなっているのは紛れもない事実でしょう。三つの会社が合併することによって誕生した同社はお互いが持つ個性を尊重することで進化し、今に至っています。ノバルティスとなってからも元の思想や理想は脈々と受け継がれています。人類の発展に貢献できる新製品を開発して市場に送り出そうという情熱はより強くなっています。

ノバルティスではどのようなことが行われているのか、ということですが、これは確かに気になる方は多いでしょう。ノバルティスにおける研究開発から製品販売までの流れですが、まずは基礎研究から始まります。その後非臨床試験を行い、臨床試験、承認申請と審査、承認、製造、販売という流れになります。なお、臨床試験はフェーズ1~3まで行われています。また、新薬や新製品を開発するにあたっては臨床試験も行われています。医療の世界において臨床試験は決して珍しいものではありませんし、ノバルティスでも新薬を開発するために数多くの臨床試験を実施しています。世界各地で行っていますし、参加してくれる方に感謝の意を示しながら丁寧な臨床試験を行っています。臨床試験に参加してくれる方がいるからこそ新薬の開発が可能になるのも事実です。