ノバルティスの事業にかける想い

患者さんにより良い結果をもたらすことができる新薬を作りたい、という情熱をもって事業を行っているのがノバルティスです。知っている方ももしかするとおられるかもしれませんが、ノバルティスは世界を股にかけてビジネスを行っている企業です。新薬やアイケア、ジェネリック医薬品などを主に扱っている会社で、本社はスイスのバーゼルにあります。スイスのバーゼルが本拠地ではあるものの、世界各国に研究拠点を展開させていますし、稀にみる規模の大きな製薬企業と言えるでしょう。冒頭でもお伝えしたようにノバルティスでは患者さんにより良い結果をもたらすことができる新薬のみを開発したいと考えていますし、そのためにあらゆる努力を惜しんでいません。

ノバルティスは常に画期的な治療法を開発、提供したいと考えています。そのためにはイノベーションこそ大切であると信じていますし、科学的根拠に基づいたイノベーションを推進しているのもそうした理由があるからです。画期的な医療を提供するためにイノベーションは必要不可欠だと考えていますし、今後さらにその重要性は増していくと考えられます。イノベーションを実現するためにもノバルティスはこれまでに多額の資金を研究開発に投じてきましたし、独自の研究も続けてきました。今後はさらにがん免疫療法や高齢化、再生医療などの領域に拡大したいと考えています。多くの人々からノバルティスに熱視線が注がれているのは、未だ治療法が確立されていない疾患に対する新たな治療法を見つけてくれるかもしれない、という期待があるからでしょう。

まだ治療法が確立されていない難病に対する新たな治療法を見つけたいと考えているノバルティスですが、同社では新薬の開発だけに力を注いでいるわけではありません。ノバルティスでは患者さんが薬にアクセスしやすい環境を構築したいとも考えています。世の中には医薬品が必要なのにすぐ手に入れることができない人もいますし、時間がかかってしまうこともあります。こうした状況を同社では少しでも改善したいと考えていますし、患者団体や政府、医療関係者などと連携することによって患者さんが本当に必要とする薬をすぐ手に入れられるようにしたいと考えています。ノバルティスでは患者支援プログラムやソーシャルビジネスモデル、医薬品の寄付などによって実現可能な医薬品へのアクセス向上に努めていますし、だからこそ業界内外から高く評価されています。