世界で活躍するノバルティス

世界的なヘルスケアのリーディングカンパニーとして知られるノバルティスはスイスのバーゼルに本拠を構えています。ノバルティスという名前を聞いたことがないという方は多いかもしれませんが、医療の世界ではよく知られていますし、ノバルティスの開発した医薬品は世界各国で販売されています。およそ世界の150ヵ国以上でさまざまな分野の医薬品が販売されていると言われていますから、いかにノバルティスの事業規模が大きいかが理解できるのではないでしょうか。革新的な新薬のほかアイケア、高品質で安価なジェネリック医薬品などを主に扱っています。本社はスイスのバーゼルにありますが、研究拠点は世界各地に点在していますし、アメリカだけでもマサチューセッツやニュージャージー、カリフォルニアなどにあり、シンガポールや中国にも拠点があります。

ノバルティスは目まぐるしく変化を続ける医療ニーズに応えるための盤石な体制を整えていますし、常に自分たち自身も進化しなくてはいけないと考えています。イノベーションが大切だと認識していますし、新たな価値を持つ医薬品の研究開発にも余念がありません。ヘルスケアの成長分野をこれからもリードしていきます。そのためにあらゆる取り組みを行っているのもノバルティスの大きな特徴と言えるでしょう。また、ノバルティスはただ単純にイノベーションを叫んでいるわけではなく、あくまで科学的根拠に基づいたイノベーションを重視しています。この科学的根拠に基づいた、という部分がもっとも重要なところですね。

どんなに前評判の高い医薬品を開発することに成功しても、それが患者さんに良い結果をもたらさなければ何の意味もないとノバルティスは捉えているそうです。前評判だけ高くて実際には効果が低い医薬品ではあまり意味がないといえます。本当に患者さんに良い結果をもたらす医薬品のみの開発を続けているようです。実質的な効果をもたらす医薬品や製品の開発を目指す姿勢は一貫していますし、主要製品が十分に効果を発揮できるサービス、テクノロジーの開発に力を入れているのも特徴となっています。この日本で活躍しているノバルティスグループは革新的な新薬やアイケア、ジェネリック医薬品の三部門で事業を展開し、日々の業務を行っているそうです。コンプライアンスの徹底を高い次元で実現し日本の医療に貢献しようとしています。今後もヘルスケアの成長分野をリードすべく邁進していくでしょう。

おすすめサイト>>>
ノバルティス ファーマ株式会社 | がん情報サイト「オンコロ」

250年もの歴史があるノバルティス

いつまでも健康でいたいと考えるのは当然のことですし、そのためには医療の力も欠かせません。誰でも一度は病院でお世話になったことがあるでしょうし、体調が悪いときには医薬品も服用するでしょう。ノバルティスは人々の健やかな毎日を実現したいと考えて事業を行っている企業で、スイスのバーゼルに本社を構えています。日本にもノバルティスグループは存在しますし、アメリカやシンガポール、中国などにも研究拠点を構えるなど非常に規模の大きな企業と言えるでしょう。ノバルティスが誕生したのは1997年のことですからそれなりに歴史もありますし、もともとのルーツを辿ると250年にもおよぶ歴史があります。世界中に4000人を超える従業員がいますし、業界屈指の規模と言っても過言ではありません。

ノバルティスについて詳しく知っている、という方は恐らく少ないと思いますが、ノバルティスは世界的に有名なヘルスケアカンパニーです。医薬品の開発や輸入、製造販売などを行っている企業で、特に新薬の開発にはかなりの力を入れています。本当に医薬品を必要としている人に届けたいと考えていますし、本当に効果のある薬だけを届けたいという気持ちで事業を行っているのもノバルティスの特徴と言えるでしょう。常にイノベーションを意識した新薬の開発に着手していますし、これまでにさまざまな医薬品を生み出してきた実績もあります。クオリティオブライフを高めるために世界中で臨床実験も行っていますし、参加を申し出てくれる患者さんに誠意を示しながら臨床実験を繰り返しています。

世の中には医薬品を必要とする人がたくさんいますが、手に入れたくてもなかなか医薬品が手に入らないという方もいます。日本で生まれ育った方だとそのようなことはイメージしにくいかもしれませんが、世界にはそのような地域、人々が存在します。ノバルティスでは本当に医薬品を必要としている方にきちんと薬を届けたいと考えていますし、新薬の開発だけでなく新しい届け方についても試行錯誤しています。一般的な製薬企業が流通に関することまで考えることは珍しいのですが、ノバルティスではさらに一歩踏み込んだ部分まで考えを巡らせています。だからこそこの分野においてノバルティスは一歩も二歩も先を行っているのではないでしょうか。今後もノバルティスでは常識に捉われず革新的な事業を継続していくと考えられますし、結果的にそれが多くの人を救うことにもなるでしょう。

ノバルティスの研究施設

ノバルティスファーマをご存知でしょうか。スイスのバーゼルを本拠とする企業ですから知らないという方のほうが圧倒的かもしれませんが、実は日本にもノバルティスの日本法人は存在します。どんな事業を行っている会社なの?と思った方が大半だと思いますが、ノバルティスは新薬の開発や製造、販売などを行う製薬企業です。スイスだけでなくアメリカやシンガポール、中国にも拠点となる研究施設を構えていますし、世界規模でのビジネスを行っている企業です。さまざまな分野における創薬研究を続けている企業としても知られていますし、消化器疾患や呼吸器疾患、免疫疾患、ゲノム創薬などにも関わっています。世界中に4000人を超える社員がいますし、企業としての規模もワールドワイドと言えるでしょう。

ノバルティスがもっとも重視しているのは患者さんに良い結果をもたらす医薬品を開発するということです。それがもっとも重要なことだと考えていますし、効果の低い薬をいくら生み出してもそれはまったく意味のないことだと考えています。患者さんにより良い結果をもたらすために科学的根拠に基づいたイノベーションを推進していますし、これからもヘルスケアの分野をリードし続けたいとも考えています。イノベーションを推進することは画期的な治療法を提供するうえで絶対に必要だとノバルティスでは考えていますし、その考えに基づいてイノベーションを推進し続けています。また、医療分野において多大な投資を行ってきたのも事実で、そのおかげで研究開発が進んだの事実でしょう。

世界各地に研究機関を設置しているノバルティスですが、アメリカのケンブリッジにある本部は創薬を目的とした研究部門として統括しています。ノバルティスバイオメディカル研究所ではさまざまな研究を行っていますし、これまでにもたくさんの医薬品を生み出してきました。新規化合物を効率的に製品化することを目指しており、さまざまな試験も実施されています。また、ノバルティス熱帯病研究所ではその名の通り熱帯病に関するあらゆる研究が行われています。シンガポールにあるこちらの研究所ではデング熱や薬剤耐性結核などをはじめ今まであまり顧みられることのなかった疾患にフォーカスしていることが特徴と言えるでしょう。生物医学的な応用研究にも積極的に取り組んでいますし、毎日大勢の研究者が新薬の開発に勤しんでいます。ほかにも世界各地にノバルティスの研究施設はあります。

新薬開発に力を入れるノバルティス

我々の身近にある医薬品は時代と共に進化し続けてきました。医療が進歩するのと同時に医薬品も進化を重ねてきましたし、それは今の時代でも同様です。時代の移り変わりに合わせて医療と医薬品は進化してきましたし、その時代に生きる人々のニーズに合わせる形で進化してきました。世界的なヘルスケアカンパニーとして有名なノバルティスでも常に新薬の開発を行っていますし、ヘルスケアの分野においては世界的なリーディングカンパニーと言われています。スイスのバーゼルを本拠地とし、イノベーションを推進しながら新薬の開発に取り組んでいることが大きな特徴と言えるでしょう。米国やシンガポールなどにも研究拠点がありますし、日本にもノバルティスの日本法人が事業を行っています。

ノバルティスを最近の企業だと思っている方もおられるようですが、ノバルティスは非常に長い歴史を持つ企業です。誕生したのは1996年のことですし、チバガイギーとサンドが合併することによって誕生しました。ルーツを遡ると実に250年以上の歴史を持つことになりますから、そのノウハウは有り余るほどあります。革新的な製品開発を続けてきた実績もありますし、それがノバルティスのベースとなっているのは紛れもない事実でしょう。三つの会社が合併することによって誕生した同社はお互いが持つ個性を尊重することで進化し、今に至っています。ノバルティスとなってからも元の思想や理想は脈々と受け継がれています。人類の発展に貢献できる新製品を開発して市場に送り出そうという情熱はより強くなっています。

ノバルティスではどのようなことが行われているのか、ということですが、これは確かに気になる方は多いでしょう。ノバルティスにおける研究開発から製品販売までの流れですが、まずは基礎研究から始まります。その後非臨床試験を行い、臨床試験、承認申請と審査、承認、製造、販売という流れになります。なお、臨床試験はフェーズ1~3まで行われています。また、新薬や新製品を開発するにあたっては臨床試験も行われています。医療の世界において臨床試験は決して珍しいものではありませんし、ノバルティスでも新薬を開発するために数多くの臨床試験を実施しています。世界各地で行っていますし、参加してくれる方に感謝の意を示しながら丁寧な臨床試験を行っています。臨床試験に参加してくれる方がいるからこそ新薬の開発が可能になるのも事実です。

ノバルティスの事業にかける想い

患者さんにより良い結果をもたらすことができる新薬を作りたい、という情熱をもって事業を行っているのがノバルティスです。知っている方ももしかするとおられるかもしれませんが、ノバルティスは世界を股にかけてビジネスを行っている企業です。新薬やアイケア、ジェネリック医薬品などを主に扱っている会社で、本社はスイスのバーゼルにあります。スイスのバーゼルが本拠地ではあるものの、世界各国に研究拠点を展開させていますし、稀にみる規模の大きな製薬企業と言えるでしょう。冒頭でもお伝えしたようにノバルティスでは患者さんにより良い結果をもたらすことができる新薬のみを開発したいと考えていますし、そのためにあらゆる努力を惜しんでいません。

ノバルティスは常に画期的な治療法を開発、提供したいと考えています。そのためにはイノベーションこそ大切であると信じていますし、科学的根拠に基づいたイノベーションを推進しているのもそうした理由があるからです。画期的な医療を提供するためにイノベーションは必要不可欠だと考えていますし、今後さらにその重要性は増していくと考えられます。イノベーションを実現するためにもノバルティスはこれまでに多額の資金を研究開発に投じてきましたし、独自の研究も続けてきました。今後はさらにがん免疫療法や高齢化、再生医療などの領域に拡大したいと考えています。多くの人々からノバルティスに熱視線が注がれているのは、未だ治療法が確立されていない疾患に対する新たな治療法を見つけてくれるかもしれない、という期待があるからでしょう。

まだ治療法が確立されていない難病に対する新たな治療法を見つけたいと考えているノバルティスですが、同社では新薬の開発だけに力を注いでいるわけではありません。ノバルティスでは患者さんが薬にアクセスしやすい環境を構築したいとも考えています。世の中には医薬品が必要なのにすぐ手に入れることができない人もいますし、時間がかかってしまうこともあります。こうした状況を同社では少しでも改善したいと考えていますし、患者団体や政府、医療関係者などと連携することによって患者さんが本当に必要とする薬をすぐ手に入れられるようにしたいと考えています。ノバルティスでは患者支援プログラムやソーシャルビジネスモデル、医薬品の寄付などによって実現可能な医薬品へのアクセス向上に努めていますし、だからこそ業界内外から高く評価されています。